蒼色ぴろろーぐ

自転車とトレッキングと日常のことをつらつらと。

八日市から菰野(鈴鹿スカイライン試走)  

という訳で、鈴鹿スカイラインの試走に行ってきました。
昨日実行委員会の留守番の方に聞いた情報によると、
来週にも冬季通行止めになるらしいので、これがラストチャンスと
八日市まで車を走らせました。

DSC_0079.jpg

8時半、あいとうマーガレットステーションを出発。
この時の気温2℃ほどで、体が温まるまでが辛抱です。。。

DSC_0086.jpg

途中、永源寺に立ち寄りました。
期待はしてませんでしたが、やはり紅葉は終了状態でした。


DSC_0092-001.jpg

紅葉もまばらなダム湖を過ぎ、愛知川に沿った421号線を登ります。
体は温まりましたが、登るにつれ気温は氷点下まで下がりました(TT)
そして、問題課題の石榑峠に到着。
担ぎ覚悟で、酷道で名高い旧道を進むつもりでしたが、
冷やかし半分でトンネル覗いてみたら、あまりにも中が暖かく、
また思いのほか交通量が少なかったので、4157mのロングトンネルに吸い込まれてしまいました!!!
ご覧の通り歩道らしきものはありますが、とてもロードバイクで走れる程の幅は無く、
また車道は中央にポールが立っているため、車が横ギリギリを通過することになります。


DSC_0093-001.jpg

幸い三重方向は微下りのため、後ろから車が来ないのを確認しながらハラハラとスピードを上げました。
車のライトが遠くに見えたら、数箇所設けられている退避スペースに隠れました。


DSC_0096-001.jpg

退避を3回繰り返し、無事トンネルを通過することが出来ました!!!
旧道トライより、30分以上時間の短縮が出来たと思うとうれしくなりました♪


DSC_0099-001.jpg

421号線に別れを告げ306号線に入ると、菰野町の看板が見えました。
そして12km先の鈴鹿スカイライン登り口である湯の山温泉を目指します。


DSC_0101.jpg

コンビニで早飯食べた後、ヒルクライムのスタート地点である、グリーンホテル近くに移動。
本来であれば、ここから計測するべきなのかもしれませんが、
如何せんどんな坂かも勾配かもわからないので、コース確認のためゆっくり登ることにしました。
って、ホントはガンガン登る脚が無かっただけですが。。。


DSC_0103.jpg

鈴鹿スカイラインとありますが、正確には有料道路だった時の名称らしいです。
そんなことはどうでもいいので、とにかくスタートしました!!


DSC_0106.jpg

コースの平均勾配8.4%、なるほどです!!!
登り始めから8%切る場所がありません!!!
て言うか、10%超が多い様な気がしました(TT)


DSC_0116.jpg

5km地点くらいまでは見通しの良い緩いカーブですが、
それから先は一気に高度を上げる九十九折が現れます。


DSC_0120.jpg

こんな具合にかなりよじれてます!!!


DSC_0121.jpg

高度を700mを超えると、山肌に雪が見え始めました。
ゴールはそこかしら???なんて勝手に思いながらゼェゼェハァハァのラストスパート。


DSC_0127.jpg

正解でした、ゴール地点と思われる駐車場にたどり着きました。
いやぁ、このコースかなりの強度じゃぁありませんか。
距離こそHCコースとしては短い8kmですが、公表勾配の8.4%がそれを物語ってます。
まったく脚を休める場所が無いと言っていいでしょう。
ヘタにダンシングを多用したら、体力を奪われるだけだと感じました。(個人的感想)
う~ん、こりゃかなり手強いぞ!!! これが率直な感想です。


DSC_0131.jpg

登頂の余韻もそこそこに、寒すぎるので下山することにしました。
だって路面が凍ってるんですもの(TT)


DSC_0132.jpg

標高で言えば、福井の日野山に自転車で登るようなものですね。


DSC_0133.jpg

トンネルを抜ければ、そこは再びの滋賀県です。
そしてここからは寒すぎて超過酷なダウンヒルの始まりです。


DSC_0134.jpg

一部凍結路面に十分注意しながら、スカイライン終点まで下りました。


DSC_0138.jpg

野洲川ダム渓谷には鮮やかな紅葉が残ってました♪


DSC_0143.jpg

結局お日様のお顔を拝見する事無く、かなり寒いライドとなりましたが、
無事マーガレットステーションに帰還しました。
計画通りのルートを走ることができ、また有意義な試走ができ大変満足な1日でありました♪

走行距離:89km

Posted on 23:10 [edit]

category: ライド 嶺南・県外

コメント

うむ。(ーー)
鈴鹿スカイラインは、超私好みの感じですね♪
10Km以内の距離といい、その勾配といい、
最も『短時間で売り切れる』のに最適なスペックですね(ToT)
その短距離を・・・ったってヒルクライムだし・・・レースじゃ・・・全力じゃ・・・
かな~り!ゲロ吐き追い込みペースになりそうですね(TQT)

機会があれば、私もマッタリと登りに行きたいです。
あ、いや、日野山で我慢しとこうかな。^^;

URL | Fumi #-
2012/12/02 23:31 | edit

ぴろぴろさん、おはようさん♪
菰野から鈴鹿スカイライン試走ですね。さすが!
しかも滋賀県から! 写真が超寒そうです(^^)

滋賀県から岐阜や三重県へは面白い山岳コースが
多いですね。石榑峠の旧道は、以前Otukaさんと
行きましたが、三重県側が酷かったです。

今年はこんぜの里栗東の激坂にも行かなかったです。
来年は行きたいなあ(^^ゝ

URL | YAMA #iuSYaX1c
2012/12/03 06:23 | edit

ぐねぐね道ヒルクライム最高ですね〜、そんな道想像するだけでワクワクします残念ながら自分はクライマーじゃないのが悔まれます笑
この時期の下りは寒い&凍結でとても怖いです〜。

URL | nobunaga26 #-
2012/12/03 21:31 | edit

Fumiさん、こんばんはぁ。
このコース、Fumiさんのお得意な奥平に近い感覚かもしれません。
道路幅や、ロケーションはもちろん違いますが、
脚及び心臓への負担から奥平集落手前の激坂が思い出されました。
10%超えるとガクっとペースが落ちるボクには向いてません^^;
Fumiさんなら吐こうが売り切れようが最後まで全力で登れるでしょう!!
是非、前向きにご検討を!!!!!!

URL | ぴろぴろ #Si2BarZE
2012/12/03 21:37 | edit

YAMAさん、こんばんはぁ。
八日市から菰野へ行くにはどうしても石榑峠を越えなくちゃならないので、相当思案しました。
旧道はこの秋に大きな崩落があり、担がなくてはならないのは承知してましたが、
どれだけ状況が悪いのか想像もつかず、かといってあのトンネルも怖いし、不安いっぱいで峠に向いました。
今回は交通量が少なかったのがホント良かったです。
ホント、滋賀から三重は走り応えのあるルートがいくらでもありますね!!^^

URL | ぴろぴろ #Si2BarZE
2012/12/03 21:44 | edit

nobunaga26さん、こんばんはぁ。
ちなみにボクはクライマーじゃありません!!
ただ山岳ライド&峠越えがひじょ~に好きなだけです!!^^
nobunagaさんは脚も心臓も強いからじゅうぶんにクライマーと言えるでしょう!!

下りは例え路面状況が良くてもかなりゆっくり下ります。
コケたらせっかくの達成感が台無しになりますからね^^

URL | ぴろぴろ #Si2BarZE
2012/12/03 21:50 | edit

ぴろぴろさん、こんばんは。

連絡遅くなりましたが、私も菰野ヒルクライムに
エントリーしました。
早速試走されるというのは行動力が凄いですね。

斜度の公称8.4%よりもきつそうな感じで参考に
なりました。
奥平の激坂のような所を走るのは好きではありませんが、
エンジン勝負になるコースは走り応えがあって
面白そうだと感じました。

凍結した下りも怖そうですが、逃げ場のないトンネル
の方が怖いですね。

URL | ペガサスウイング #-
2012/12/03 23:00 | edit

ペガサスウイングさん、こんばんはぁ。
ボクにとってかなり辛いコースでありました。
しかし登りきった後の達成感は間違いなく大きいので、
来年の3月目指して一緒にがんばりましょう!!^^
坂のイメージとしては、一光隧道、九十九廻坂、奥平の集落手前、
これらの坂の10%超え区間の道幅を広くした感じでしょうか??

鈴鹿スカイラインよりも、石榑トンネルを無事抜けれた方が
達成感大きかったかもしれませんん^^;

URL | ぴろぴろ #Si2BarZE
2012/12/04 00:02 | edit

とても怖いです、正直な感想です・・爆
前回の国見と言い、今回と言い、よくぞあんな怖くて長いトンネルを・・

お一人でなさることが凄すぎますよ〜

画像で拝見しても凍結している道は怖そう
お気をつけて、愉しまれますように

URL | ysphotos #h7RMisjE
2012/12/15 16:16 | edit

ysphotos さん、こんにちは。
ここの4kmのトンネルは、おっしゃる通りかなり怖いので、
もう二度と走りたくないです。
かと言って旧道も酷いようなので、
ここの峠越えすることは最初で最後ですね。
凍った路面ももちろん怖いです!
下りは超スロー速度で安全にですね(^-^;

URL | ぴろぴろ #Si2BarZE
2012/12/17 12:31 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://piropiro128.blog59.fc2.com/tb.php/813-d19454c3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Thank you for visiting

WIND POWER CYCLE CLUB

Profile

Calender

Category

Archive

検索フォーム

Weather Fukui

Ranking

QR Code

Mail

Rss

Now seeing