蒼色ぴろろーぐ

自転車とトレッキングと日常のことをつらつらと。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

フリーボディのメンテ  

先日の信楽ライドの際、いつも人騒がせな弟が、バイクから変な音がする と訴えました。
漕ぎ出しやダンシングでトルクをかけると、パキッと大きな音がすると言うのです。
実際試してみましたが、間違いなくどこかに異常がある状態でした。

決戦を間近に控えて、このままじゃぁ具合悪い と、帰ってすぐにショップに持ち込みました。
このバイクはボクが去年組んだやつであり、そこでパーツ一つ買った訳じゃないので、
弟も持って行きにくかったのですが、事態が深刻であればそんなことは言ってられません。
ボクも昨年、緊急事態で店のオヤジさんにお世話になった実績があるので、
ちゃんと見て貰えるであろうと思いました。

そしてやっぱり優しいオヤジさん、次の日に疑わしき箇所を全てチェックしてくれました。
フレームのクラック、BB回り、ディレィラー等など。
しかし、幸か不幸かそれらには異常は見つかりませんでした。
ということで、ほぼ弟の決戦用ホイール(A-CLASS ALX630) に間違いないという結論に至りましたが、
オヤジさん、残念ながらホイールなら無理だ と言いました。
かなり親身になって調べてくれたので、弟も合点してバイクを持ち帰りました。

P1190011.jpg

そこで今度はボクがホイールを調べることになりました。
早速スプロケを外しフリーを手で回してみましたが、それだけでパキッと音がしました。
ラチェットに問題がある音だと分かりました。
5mmのアーレンキーをフリー側と反フリー側に差込み回すと、まずは反フリー側のキャップが外れます。
そしてもう一度両側にアーレンキーを差込み回すと今度はフリー側のキャップが外れます。
キャップが外れれば、フリーは手で抜くことが出来ます。

P1190009.jpg

問題のラチェットですが、グリスが真っ黒に汚れて戻りが弱い状態になっていました。
3枚のラチェットの何れかが戻らないと歯が飛びパキッと音がするのです。
羽根を綺麗にしてフリーを仮付けして回してみると、歯飛びは無くなり異音もしなくなりました。


P1190003.jpg

綺麗にした後はグリスアップして元に戻しました。
ちなみに今回使ったグリスは2種類です。
ラチェットは、ある方のブログを参考にTAMIYAのラジコン用のモリブデングリスを使いました。
モリブデングリスは粘度が低く耐圧性に優れ、摩擦抵抗を与えたくないラチェットには最適です。
しかも少量で購入することができるのでありがたいです。(10g280円)
そしてハブシャフトは定番のDURAグリスを使いました。
ホントはこれより粘度が低い、フィニッシュラインのセラミックグリスが良かったのですが、
近くには売ってなかったので、今回は一応オールマイティなDURAグリスにしました。

グリスアップの結果、ラチェット音は軽やかになり回転もかなり良くなったような気がします。
何となく予想は出来ましたが、それが実際結果に出ると非常に感動が大きいです!!
つうか、最初からこれをやってみれば良かったですが。。。
まだ実際に走行はしてませんが、まず完治したと言っていいでしょう。
決戦を前にテンションがた落ちになった弟ですが、これで一気に立ち直りました。
実に単純な男であります。(爆)

Posted on 09:01 [edit]

category: パーツ・自転車いじり

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://piropiro128.blog59.fc2.com/tb.php/706-aa6554b5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Thank you for visiting

WIND POWER CYCLE CLUB

Profile

Calender

Category

Archive

検索フォーム

Weather Fukui

Ranking

QR Code

Mail

Rss

Now seeing


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。